今、Vlogが熱い!

今、Vlogが熱い!
 
 

2020年新卒、言語学習が趣味、学生時代はYouTube投稿をしていた 新入社員のMです。周知のとおりYouTuberは子どもに人気の職業。そこで今、 世界中でブームのコンテンツ、ズバリ「Vlog」をご紹介したいと思います。国内外で人気 Vlogを配信する「Vlogger」が、共感を集めています。

Vlogとは?

VlogとはVideo Blogの短縮形、いわゆる動画版のブログのことです。現在かなりの数がYouTubeに投稿されています。例えばイギリスで人気のFunForLouisは8年前にVlogを始め、現在は300万人のチャンネル登録者向けに定期的に投稿しています。彼が世界中を旅する「EPIC WORLD ADVENTURE」では、世界中を巡る様々な体験を動画配信しています。

実はVlog自体は、2000年から存在していました。プラットフォームが分散していたためしばらく認知されることがありませんでしたが、2005年のYouTube登場以降、欧米でVlog人気に火が付きました。日本、アジアへは、ここへきてようやくその波が到来しました。

それまで日本では「YouTube=商品紹介やドッキリ動画、カバンの中身紹介」といったイメージでした。その後2018年頃から、中国や韓国で普段の日常風景を撮るVlogが流行。時を同じくして日本でも、 若者を中心に 韓国風のメイクやファッションが人気になり、Vlogに注目が集まり始めました。

人気コンテンツになるまで

日本で顔出しVlogに火をつけたのが、元AKB48の小嶋陽菜さんです。「HAWAII🌺VLOG 小嶋陽菜のハワイ🌞 ep.1」を見ると、自分もハワイに行った気分になれます!

東洋と西洋で好みが違うように、日本と欧米ではVlog投稿の仕方に大きな違いがあります。典型的なのが「顔出し」。例えば欧米のVlog は 顔出し投稿が一般的ですが、日本では長らく主流でありませんでした。Vlogを投稿したくても顔出しには躊躇する人もいるようです。個人情報に関してとても敏感な日本では、SNSに自分の生活を載せることもためらうためだと考えられます。

顔出しなしVloggerの火付け役は、お隣の韓国です。それを真似て、日本でも顔出しをせずにVlogを投稿する人たちが増えてきました。コロナのため家で過ごすことが多くなったので、料理をしたり、掃除をしたり、趣味をして過ごしているコンテンツが多く見受けられます。

その一例、日本のVlogger、umiさんの「Vlog暮らし」では顔出しをせずに、Vlogを投稿。穏やかで丁寧な暮らしの一部を垣間見ることができます。umiさんのVlogは9万回以上の再生回数があり、人気の高さがうかがえます。

これからのVlog

個人的観測ですが、まだまだVlogの熱は冷めないでしょう。共感が大切な今だからこそ、自分から何かを発信したい!と思う人が増えてきたからです。

今後、コロナが終息して自由に外出や旅行ができるようになると、今よりもさらにVlogを投稿する人が増える予感がします。

Vlogはスマホ一つあれば簡単に始められるコンテンツです。趣味としても、セルフプロデュースにもおすすめのVlog、ぜひ挑戦してみはいかがでしょうか。

運営者情報

PR事例カテゴリの最新記事