PRコラム

1/9ページ

世界規模のサイバー攻撃、2021年はさらに巧妙化

2020年は世界的なコロナ蔓延のみならず未曾有のランサムウェア攻撃に直面しました。この1年、コロナ下で世界中の政府、企業、人の活動が急速にリモートに移り、デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速し行動も一変。しかしその前進を阻むのが、コロナに乗じて増え、複雑化するサイバー脅威と、データ保護体制の不備です。危機管理広報の観点から最近のトレンド、日本の状況を振り返り、Veeam Software […]

3月31日、エイプリルフールの前に「WORLD BACKUP DAY」データを守ろう

3月31日は、WORLD BACKUP DAY。「エイプリルフールの前に、ファイルをバックアップしよう」と呼びかけます。みずほ銀行のシステム停止、LINEのユーザーデータへの海外アクセスなど、今年に入ってわずか3ヵ月で企業システムトラブルが続く中、何があってもビジネスを継続できるようデータの保護は最重要項目です。ではいったい何をすべきか、掘り下げます。 データをめぐる新たなグローバルリスク 今日の […]

在宅勤務で音声コミュニケーションの質をアップするPRノウハウ

コロナ禍を避けるリモートワークの拡大が始まって早1年。 ビジネスにはZoomをはじめとする動画コミュニケーションが浸透。またソーシャルオーディオアプリのClubhouseでは、声で人と人がつながっています。まだまだ対面が難しい企業PRにおける、「声」の使い方のポイントを考えます。 司会はゆっくり、ブレストはメリハリ 司会やナレーションなど一方的な声になる場合、 とくに姿が見えない場合はなおさら、言 […]

PRに求められるジェンダーのアップデート、イクメンは誉め言葉でなく死語

3月8日は世界がジェンダーを考える「国際女性デー 」、 3月17日は「みんなで考えるSDGsの日」。 折しもテレビ朝日「報道ステーション」の番組PR動画が「どっかの政治家が『ジェンダー平等』とかって今、スローガン的に掲げてる時点で、何それ、時代遅れって感じ」という台詞により、ジェンダー不平等を切り捨てる内容として炎上しています。 “みんな”が誰を指すのかは、実は場面によって […]

SDGs PRのチャンスは福祉、経済、気候にあり

 共同ピーアール株式会社 総合研究所(PR総研) では、報道関係者を対象に実施した【SDGs広報=2020年の振り返りと2021年の展望】アンケート調査結果と考察について、「みんなで考えるSDGsの日」記念日制定1周年を記念する3月17日開催のオンラインセミナーでお伝えしました。YouTubeにて再生ご視聴いただけます。 【PR総研概要はこちら】 ざっくりハイライトは下記のとおり。 2020年の振 […]

地球の価値をビジネスに - エジプトに学ぶ「社会に良い」をつなぐ起業家

世界経済フォーラム(WEF)が1月にオンライン開催したダボス・アジェンダは、普遍的かつ客観的な「ステークホルダー資本主義指標」を報告に取り組むことを誓約しました。これは企業による環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)側面の取り組みを促すESG投資を後押しするものです。これと並行し、企業が本業を通じた社会課題の解決、イノベーションを実現し、長期的な利 […]

「報道から見たSDGs広報のポイント」PR総研が解説します

日経xwoman Clubhouse: 2021年3月17日(水)12:00~13:00【LIVE】 日経xwoman♥️4/2リニューアル⏱「男だろ!」呪いを解こう🔓D&IとSDG – 日経xwoman(クロスウーマン)テラス – Clubhouse オンラインセミナー(無料):2021年3月17日(水)1 […]

取材したい1位は「商品・サービスや製造プロセス」報道関係者136名が回答、SDGs広報に関する調査結果

共同ピーアール総合研究所(PR総研)は、報道関係者を対象にSDGs広報に関するインターネットアンケート調査「SDGs広報 2020年の振り返りと2021年の展望」を実施しました。136名から回答をまとめ、記者発表会を実施しました。 ■ 調査期間:2020年12月18日~2021年2月11日■ 調査の対象:テレビ・新聞・雑誌・ラジオ・Web等、報道関係者(内、136名より回収)※ 本調査中の「SDG […]

2020年世界の詐欺件数は過去最高:Whoscallが「迷惑電話」調査

「お荷物のお届けにあがりましたが不在のため持ち帰りました」とスマートフォンに舞い込むメッセージに覚えがなく、「え?」と混乱しながらよくよく見ると迷惑メールだった、という出来事がめずらしくない昨今。コロナとともに働く場所もコミュニケーションもオンラインに移行した、と思ったら、日常の隙をつく犯罪もデジタル化しています。全世界8000万ダウンロードに上る電話番号識別アプリ「Whoscall(フーズコール […]

未来のための「日常の再発明」:コロナと気候変動からのリデザイン

コロナは確実にコミュニケーションとPRシーンを変えました。在宅勤務に始まり、ウェビナー、Zoom、Clubhouseまで、時間と空間を超えるやりとりが世界中で高速回転しています。不可抗力的な変化が激しい今日を見直しながら、命をつなぎ人間らしく生きるためのPRのヒントを探ります。 あこがれのイベントが手のひらに リアルイベントが開催できない、と落胆した1年前とはうって変わって、オンラインイベントに人 […]

1 9