2/9ページ

2/9ページ

いやしポイント、気づけPR!

うつは心の風邪、と言いますが、コロナ禍を経験するとウイルスに近いかもしれないと思います。メディアにはSNS悪用やプロテストの惨事が駆け巡り、いっそう心を痛めます。こんな時、PRでつながる仲間は、「心のケア」をいっそう大切にしています。 誰しも、時に簡単に自分を追いつめてしまう。すると人は、平静に戻れない心や、理不尽な行動に囚われてしまいます。だからこそ匿名の誹謗中傷や、差別による痛ましい事件を止め […]

先輩に学ぶ、年齢の表現力

フレッシュな新人を迎える季節、今年は遅れつつもわれわれPR会社も前に進んでいます。社会人として年輪を重ねるとともに、ビデオ会議で若手にならぶ自分の顔を見るとギョっとするお年頃…。 今まさに近藤サト氏のWOMAN EXPO講演 「近藤サト 閉経後の人生が長いのは後進を育てるため?」が心に響きます。 「容姿や属性などもすべて、“私はここにいたい”“これをやりたい”という決断の結果」「自分ら […]

群れない3ポイント

緊急事態宣言の解除、ほっとします。今年の新入社員、新一年生たちとも徐々に会えますね。わたしも在宅でPR会社稼業のかたわら、子どもの学習もZoomやLINEで外とつなげつつ、マイペースで見守っています。 そんな中、日経doorsの角川ドワンゴ学園N高等学校第1期生、冨樫真凜氏の新連載に大注目。13歳で「学校に行く意義を見出せない」とニュージーランドへ単身留学、それからはたちの今日までに興味津々。そし […]

ウイルスを吹き飛ばす奇跡

緊急事態宣言が解除されましたね!まだまだ用心の時期でも、心豊かでいたい時間を彩るのがエンターテイメント。元気になりたい大人に紹介したいのが、50歳のジェニファー・ロペス(以下、ジェニロペ)が見せた圧巻のパフォーマンス。今年のスーパーボウルは、日本でも異例の盛り上がりを見せました。最大の理由はその想像を超えたパワー。 特に中盤のジェニロペ登場からは「すごい!」以外の言葉がもはや見当たらず、たった15 […]

5月のSDGs ニュースピックアップ

2020年3月17日に記念日登録、スタートした「みんなで考えるSDGsの日」。毎月17日を軸に、 PR総研所長の池田健三郎と「SDGs NAVI」の運営・MC を務めるYouTuber ガマ兄(嶽釜勇一郎 株式会社マザーアース代表取締役)のインタビュー形式で、日本や世界のSDGsを巡る動きをお届けしています。5月の 「SDGs ニュースピックアップ」 (YouTube)を発表します。 【PR総研概 […]

人生を変える―休みの達人

「アキレス美知子さんというすごい人事のプロが入った」とSAPの話を耳にしたのが2015年。記者会見などテクノロジーPRの裏方を務めながらもなかなか接点がなく、5年経ってようやく取材することができました。光沢ある上品な真紅のスーツに身を包んだSAPジャパン人事戦略特別顧問アキレス氏は、晴れやかな笑顔、大きなオーラ。「あ、アキレスさん!」と見つけた社員がみなキラキラした目で声をかけるのを見て、愛を感じ […]

WhatsAppのビジネス活用事例

海外のクライアントと仕事をしていると「連絡はWhatsAppで」と言われることがしばしばあります。「日本では一般的でないので使っていません」というのは簡単ですが、実はとても損しているかも…。PRを共にする仲間との関係を楽しくするWhatsAppの活用法を紹介します。 世界が手元にくる コロナ禍によるデジタル化に後押しされ、すでに多くの仕事をスマートフォンで処理する日々。とはいえ利用アプ […]

ポストコロナおどろきのPR効果

前回に続き、オンライン勉強会で自宅にいる子ども達をつなぎ、大学生に個別指導してもらいながらその間、パパママは仕事に集中できるというTokyo Cross Point開催 寺子屋オンラインの2回目は平日でした。わたしがリモートワークでアメリカからのウェビナーに参加している最中だったので、学習内容に目を通すことはできず。一方で息子はまったく平気。安心して楽しみながら、PCのむこうのお兄さんお姉さんと一 […]

潜入ルポ!「寺子屋オンライン」の魅力

ステイホームでデジタルの世界が広がる今、不思議なつながりが生まれています。SNSやビデオでの出会いによって「この人は本当に信頼できるか」という人間性があぶりだされ、魅力のPRにつながっています。もちろんその逆も然り。既得権益にすがる層は「この人は肩書だけで信用できない」とバッサリ切り捨てられます。つまりリモートワークも休校も、新しい価値を作り出す機会につながっているのです。寺子屋オンラインで見つけ […]

PR×英語あるある「アイム・オン・イット」

コロナ禍の中でも止まらないのが、情報の波です。とくにITやデジタル環境にあるグローバルビジネスのPRは、いかにこの状況下で事業を継続し、コロナ被害の勢いを止めて社会に貢献できるか、試行錯誤の連続で以前に増して忙しくしています。そんなグローバルPRの現場で便利な言葉が、たったの3言葉「アイム・オン・イット」です。 上に乗っちゃうの!? アジア地域のPR会議で「アイム・オン・イット」と叫んだのは、クラ […]

1 2 9