オンライン記者会見

1/4ページ

テクノロジーとダイバーシティによる未来がもたらすインパクト

今年の東京は、梅雨らしい雨が降る日が少ない一方で、日本各地で地球が涙を流しているかのような土砂災害に見舞われています。織姫と彦星が出会うとされる7月7日、この星に生きる全ての人が手を携えて世のなかをよくしようと願う150名に上る有志が、オンラインでHYMEC(吉田晴乃記念実行委員会、TEAM EXPO2025共創チャレンジWOMEN’S EXPO 2025メンバー)主催の第二回吉田晴乃 […]

PR戦争から共創へ、COVID-19ワクチン開発の舞台裏

勇気を出して参加すれば、オンラインイベントがいかに人を勇気づけてくれるかを思い知る今日この頃。PR総研副所長を務める筆者、上瀧和子が名誉職として、日本支部理事ならびにAPAC地域本部メンバーシップマーケティング局長に就任した国際団体、IABC(国際ビジネスコミュニケーター協会) の「IABC World Conference 2021」が6月28日~30日にオンライン開催されました。今回は、驚きと […]

持続可能性のための”ライト”なコミュニケーション

来たるポストコロナ時代、PRのニューノーマルに必要なものとは何でしょうか。前回に続き、IABC Catalystへの寄稿をもとにした日本のグローバルPR事例4回シリーズの完結編では、「ビジネスにおけるPRの将来」を展望します。締め括りにIABCの歴史を振り返り、これからの企業コミュニケーションに求められる『日本語の「2つのライト」』を考えます。 国際協会IABCの歩み、グローバル投稿の経緯 連載最 […]

肝を冷やしたPRリスク管理事例

コロナ下の今、どの業態でもDXが加速しPR現場も変化しています。 前回に続き IABC Catalystへの寄稿をもとに日本の最新事例を取り上げる4回シリーズです。第三回は「オンライン会見におけるリスク管理と事業継続」に焦点を当てましょう。 PR部隊のバックアップ、求められる事業継続性 常に発表や取材という時間との戦いの渦中にいるPRにとって、要も重要なデータ資産のバックアップ運用が重要です。とは […]

逢えない会見成功に必要な2つの要素

コロナで変革を遂げるグローバルPRの現場から、前回に続き IABC Catalystへの寄稿をもとにした日本独自コンテンツ4回シリーズの第2回。今回は、 「オンライン会見の実践策」としてスピーカー、PRチームそれぞれの施策を取り上げます。 会見は登壇者と記者が向き合える場づくり オンラインで登壇するスピーカーと記者の対話を成功させるには、2つの重要な要素があります。ひとつは、スピーカーが専門性と同 […]

コロナによるグローバルPR変革事例

世界中がコロナ禍に見舞われて1年以上が経過するなか、PRの現場ではコミュニケーション手段を刷新しながら新しい日常を構築しています。 IABC Catalystへの寄稿をもとに、日本の最新事情を加筆して4回シリーズでグローバルPRトレンドを紹介します。第一回は「テクノロジー導入によるDXと文化づくり」を取り上げます。 COVID-19がグローバルPRにもたらした変化 COVID-19とともにPR会社 […]

つまらない講義はNG、UNカンファレンスへの進化

今年はコロナ下で迎えた2度目のゴールデンウィークも終了。再度の新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言は東京都、京都府、大阪府、兵庫県が対象、まん延防止等重点措置は埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、愛媛県、宮城県、沖縄県が対象となり5月11日まで実施されました。 どこも美しい季節を迎えながら、移動できないストレスを抱えます。 こんな時だからこそ「つまらないカンファレンスでなく、面白いUN(アン、非)カ […]

マレーシアと日本、オンラインPRイベント報告

ゴールデンウィーク直前、新年度の1月目もあっという間です。今年もコロナで旅行を控える中、増えるのがリモートワークで世界をつなげるグローバルPR。今回はIABCマレーシア登壇をもとに、異なる国をつなぐPRに必要な、オンライン会見のコツとベストプラクティスを紹介します。スライドはこちら リアルとオンラインの共通項と違い そもそも会見を開催する前提として、PRの範疇、メディアおよびオーディエンスの対象を […]

スペシャリストとジェネラリスト、タイプ別のPRスキルアップ術

PR会社で企業の支援にあたったり、広報職を軸に長年経験を積むのがいわゆるスペシャリストのキャリア構築だとすれば、大企業に多いローテーション(異動)で広報になり座学などで基礎を身に付けるのがジェネラリストとしてのスキルアップ法です。 PR会社のスペシャリストは、社内の勉強会が貴重な学びの機会です。各人がそれぞれの情報感度でつかむ最新のメディア、ニュース、ビジネス、消費動向などをデジタル共有し、仕事に […]

在宅勤務で音声コミュニケーションの質をアップするPRノウハウ

コロナ禍を避けるリモートワークの拡大が始まって早1年。 ビジネスにはZoomをはじめとする動画コミュニケーションが浸透。またソーシャルオーディオアプリのClubhouseでは、声で人と人がつながっています。まだまだ対面が難しい企業PRにおける、「声」の使い方のポイントを考えます。 司会はゆっくり、ブレストはメリハリ 司会やナレーションなど一方的な声になる場合、 とくに姿が見えない場合はなおさら、言 […]

1 4