PRサービス

観光産業PR

国内向け(アウトバウンド)、海外向け(インバウンド)双方に対応

訪日観光客の増加にともない、観光産業におけるPRの重要性は高まるとともに、国内だけに向けたものでなく、国外へ向けた視点も必要になっています。訪日観光客を誘致するためにPRしたい素材の情報を海外へ発信することや、訪日観光客にPR素材をどのように滞在中や帰国後に伝えてもらうことへの仕掛けが必要になります。この過程では、誰に、何を、どこで情報発信するかがポイントとなります。

一方で、日本国内における観光の需要は依然大きく、海外の政府観光局をはじめ、航空会社、ホテルなどは日本での積極的なPRを希望しています。

当社では、国内向け、海外向け双方でPR活動を行える体制がありインバウンド、アウトバウンドのいずれにも対応した観光PRを行っています。

PR活動のポイント

  • これまでの広報・PR活動の精査
  • 発信可能な特色・資源の洗い出し
  • 広報必要性の再確認(必要であれば海外向けPRの必要性検証)
  • 情報発信対象・目的の定義
  • 集客に結び付く一貫性のある施策立案