ニュース&トピックス

パラリンアート世界大会2018、協賛社の募集を開始

2018.06.13

パラリンアート世界大会2018、協賛社の募集を開始
~ パラリンアート初の世界大会 ~


企業・団体のPRコンサルティングを行う共同ピーアール株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:谷 鉄也)では、「パラリンアート世界大会2018」の協賛社募集を開始いたしました。

初の世界大会

「パラリンアート世界大会2018」は、36カ国の大使館の後援のもと開催される国際的な大会で、今回が初の世界大会となります。

2018年の募集テーマは“祭り”。この言葉から連想されるアートが世界各国から募集されます。

パラリンアート世界大会2018募集概要

日本国内において何らかの障がいを持つ方は約860万人(障がいの重複を含む単純合計 ※内閣府 障害者白書)おり、世界に目を向けると約10億人にのぼります(世界人口15%※WHO報告書)。彼らの活躍の場、挑戦の場はまだまだ少ないことが現状課題として存在しています。

本大会では、障がい者の成功体験を可能な限り生み出し、日本発の活動をグローバルなムーブメントへと育て、日本のみならず世界中のパラリンアートアーティストの活躍の場を広げる大会として2020年まで日本で開催されます。

当社では、パラリンアートの趣旨に賛同するとともに、今後、協賛社の募集活動を通じ積極的に「パラリンアート世界大会2018」のサポートを行ってまいります。

 

「パラリンアート世界大会2018」概要

募集テーマ: 「祭り」
画材:自由(色鉛筆画・アクリル画・水彩画・油絵・切り絵・版画・書・刺繍など)
結果発表:2018年7月頃 パラリンアート世界大会HPなどで発表
賞品:グランプリ 賞金50万円、準グランプリ 賞金25万円 などを予定
審査員:川島 明さん(麒麟、お笑いタレント)、金澤 翔子さん(書道家)、Daniel Kellyさん(画家)など、国内外の著名人を予定
※詳細は、パラリンアート世界大会HP(http://paralymart-wc.com/)をご参照ください。

 

一般社団法人 障がい者自立推進機構

障がい者の社会参加と経済的自立を目的とし、『パラリンアート』というアート事業を11年間運営している団体です。現在、170社以上の賛同企業が存在し、障がい者が生み出す豊かな表現を様々な形、場所でたくさんの方に届けています。

創業者理事:松永 昭弘(株式会社ペアレンツ 代表取締役会長)
所在地:〒105-0014 東京都港区芝3-40-4 三田シティプラザ5F
設立日:2012年12月5日
URL:http://paralymart.or.jp/about/

 

本件についてのお問い合わせ先

共同ピーアール株式会社
PRアカウント本部 営業戦略室 高木、井口
TEL:03-3571-5171 FAX:03-3574-5259