PR会社と広告会社の違い

PR会社と広告会社の違いとは?

PR会社と広告会社は、どちらも同じような業務をしているイメージを持つ方が多いかもしれませんが、それぞれの活動領域は異なります。

PR会社

PR会社は広報の代理店です。

企業や組織・団体の広報業務の支援やコンサルティングを行います。
PR会社の「PR」の意味について確認しましょう。
日本で広く浸透している「PR」の意味には「自らを強くアピールする・宣伝する」といったニュアンスがありますが、それは広義の解釈です。
「PR」とは、「パブリックリレーションズ(Public Relations)」を省略した言葉で、
さまざまなメディアを介し、社会や人々との信頼関係構築のためのコミュニケーション活動全般を指します。
日本語では「広報・PR」、とくに行政機関では「広報広聴」と訳され、この広報・PR活動の専門的なノウハウを持つのがPR会社です。
企業や組織・団体の代わり、もしくは共に活動して、PRの目的を達成すべく信頼を築く活動を行います。

広告会社

広告会社はいわゆる広告代理店のことです。
マスメディア、Web広告、交通・屋外広告などの時間やスペースを購入し、企業や組織・団体が主張したい意志を表現した広告のクリエイティブを制作、掲載・露出されるまでの業務を行います。
商品やサービスなどの広告を行う際、広告アイデアやクリエイティブ制作、ターゲット別の掲載メディアの選定などのノウハウを持つのが広告会社です。

PRと広告はどう違うか

「PR」と「広告」は、いずれも企業や組織・団体の商品やサービスなどの情報をマスメディア中心に伝えますが、以下の表で比較すると性質の違いがわかります。
マスメディアを活用する場合のPRと広告はどのような違いがあるのでしょう。

PR・広報 広告
担当部門 編集局、報道局 広告局
掲載面 記事・報道 広告・CM
掲載の決定権 メディア 出稿者(広告主)
情報発信の主体 メディア 出稿者(広告主)
情報の特性 客観的 主幹的
情報内容の基準 事実 主張
信頼度
コスト 低い 高い

●PRは人々との信頼関係を築く活動

PR会社と広告会社の違い

PR会社と広告会社の違い