企業情報

トップメッセージ

弊社は、1964年の創業以来、PRの専門会社として、様々な企業や公的機関等のPR活動に携わってまいりました。昨今、日本においてもPR自体の認知が進み、需要の拡大とともにPR会社も新たな局面を迎えています。PR業の根幹であるメディア各社への情報発信活動(メディア・リレーションズ※)はもとより、私ども共同PRでは、PR業界のリーディングカンパニーとして、以下の観点から新しい時代に対応したPR活動を始めています。

※ 「メディア・リレーションズ(Media Relations)」は、弊社の商標登録です

地道なメディア・リレーションズが、創業から変わらぬ「PRの原点」

まず、弊社の企業価値を改めて見直し、「総合力」「経験力」「メディアネットワーク力」を弊社の3つのコア・コンピタンスと再定義し、更なる強化を図ってまいります。
PRのプロ集団として200名のスペシャリストが専任チームと専門チームに属し、組織的に戦略的なPRを駆使する「総合力」は業界屈指のものと自負しております。また約50年にわたり培ってまいりました、日本のPR会社のパイオニアとしてのノウハウや「経験力」は必ずや、クライアントの皆様の多様な二-ズにお役立て頂けるものと信じております。そして現場から幹部層までのメディアキーパーソンとの重層的で強固な「メディアネットワーク力」(メディア・リレーションズ)こそが、弊社最大の資産です。この3つの強みを基盤に、新たな成長の活力を見出すことこそが、私たちの使命であると決意を新たにしております。

ソーシャルメディア時代に対応した、新たなPR活動へ挑戦

次に、多様化するメディア環境に対応するため、新たなPR活動の領域を積極的に開拓してまいります。これまでのメディア優先の時代から、個々人が多種多様なネットサービスを駆使して情報発信を行うソーシャルメディア時代が到来するなか、PR業界のリーディングカンパニーとして新たな挑戦を試みています。弊社では、WEBによるPR活動の専門チームを今後もさらに増員・拡充してまいります。また同時に、映像コンテンツの影響力の拡大を踏まえ、映像業務部を設置し、専門機材・技術スタッフを配したネットの動画配信サービスなどを展開することで、PR業界の劇的な変化へ対応してまいる所存です。

ステークホルダーより信頼される“総合PR会社”

さらに、弊社のコンプライアンス重視の組織文化の構築を、強力に進めてまいります。具体的には、コンプライアンス・情報セキュリティ室を新設し、充実した体制の下、内部統制システムの強化を図る事はもちろん、会社全体で法令遵守の意識を高め、社会の公器としての立場から、クライアント、株主、メディアの信頼と期待にお応えできる総合PR会社を目指してまいります。

「人の力こそが、PRの力」

最後に、コミュニケーション活動の原点である“伝えること”“分かってもらうこと”の重要性を、私たちは忘れません。常にクライアントに何を提供できるかを考える“創造性”、そしてメディア各社、関係者と真摯な姿勢でお付き合いさせていただく“誠実さ”を、私たち社員の本分としてまいります。まさに「人の力こそが、PRの力」なのです。
そのために弊社では、社員誰もが自由に発言し、PRの技術革新ができるフラットで、風通しの良い社風を維持し、今後も、最優先で社員教育に取り組んでまいります。そして、常に進化を続けていってこそ新たな価値創造にいたるものと信じております。

今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

共同ピーアール株式会社
代表取締役社長
 谷 鉄也