広報の学校

実践危機管理広報(緊急対策本部トレーニング)

締切日

2018.07.25

開催日:2018年7月27日(金)10:00~18:00 <受付開始 9:30>

対象者

広報、総務、危機管理部門の担当者

本講座の特色

1.具体的でリアリティのあるリスクシナリオを設定した実践的トレーニング
2.緊急時に必要な情報は何かを、シミュレーションで具体的に理解することによる
危機対応能力向上
3.緊急時の情報公開ツールの作成ノウハウ、スキルの習得
4.電話対応シミュレーション実施によるメディア対応力強化
5.危機管理広報(メディア対応)の実務知識、スキルの習得
6.受講者参加型の実践的研修の実施

日時

2018年7月27日(金)10:00~18:00 <受付開始 9:30>

講座概要

詳細はカリキュラムをご覧ください。

講師

篠崎 良一

PR総研所長(広報の学校 学校長)、広報コンサルタント、危機管理広報コンサルタント、メディアトレーナー

早稲田大学第一文学部社会学専攻卒。出版社(日本実業出版社、ローリングストーンジャパン)を経て、
共同ピーアール㈱入社。取締役副社長を経て現職。
2003年5月『広報の学校』を開校。2013年1月『PR総研』を設立。
企業・団体の広報・危機管理コンサルティング、広報・危機管理研修担当。
危機管理では欠陥商品、リコール、企業不祥事、訴訟問題、企業機密・個人情報漏洩、内部告発、差別・人権問題等、数多くの危機管理実務、クライシスコミュニケーションのコンサルティングを実施。(クライシス)メディアトレーニング、マニュアル制作、危機管理調査も担当。
著書に『入門メディアトレーニング』(アニモ出版)、『実践企業広報マニュアル』、『会社を守る!もしものときのメディア対応策』(共にインデックス・コミュニケーションズ)、『広報・PR概論』(共著、同友館)、『広報・PR実務』(監修、同友館)、『パブリックコミュニケーションの世界』(共著、北樹出版)他がある。
(社)日本PR協会認定『PRプランナー』試験委員。

会場

広報の学校 銀座教室(共同ピーアール株式会社 研修室)
東京都中央区銀座7-2-22 DOWAビル3F  

定員

20名

受講料

4万円
(消費税込、レジュメ・資料、テキスト図書『入門メディアトレーニング(アニモ出版)』、
昼食代含む)
※当日は昼食にお弁当をご用意いたします。

申し込み

受講申込書にご記入の上、FAX(0120-653-545)でお申込み下さい。

FAX送付先

FAX:0120-653-545
※キャンセルは前日までに必ずご連絡ください。

締め切り

7月25日(水) 必着
※お申し込み順、定員になり次第締切りとさせていただきます。

受講料支払方法

下記の口座にお振込み下さい。(振込期限:2018年8月31日)
みずほ銀行(0001) 八重洲口支店(026) 普通預金 口座番号:2677982  
口座名義 : 共同ピーアール株式会社セミナー口
口座カナ : キョウドウピーアール(カ)セミナーグチ

※当日、現金でのお支払いも可能です。(申込書通信欄にご記入ください。領収証を発行いたします)
※開催日の約2週間前に受講票と請求書をお送りいたします。受講票は当日受付にご提出ください。
※お申し込みされた方が参加できない場合の代理参加は可能です。
※お申し込みが少数の場合、実施しないこともございます。(受講料は返金いたします)
※受講をキャンセルされる場合には前日までにご連絡ください。ご連絡がない場合は受講料の返却はできかねます。

カリキュラム

No テーマ 内容
1 講義「緊急対策本部の運営と作成資料」 本部の役割/本部のアクション/ステークホルダー例/初動対応原則/情報公開とメディア対応のポイント/作成資料説明(ポジションペーパー/キーメッセージ/ニュースリリース/ホールディングコメント/ステートメント/Q&A<作成ポイント>/ネガティブワード)/電話対応のポイントと注意/事例研究/緊急時のメディアの視点
2 オリエンテーション チーム編成と役割分担
3 演習1 ・検討事項
ステークホルダー―確認/リスク評価/メディア対応方針決定/情報公開・手法/公開後のリアクション想定と準備

・演習(制作)
キーメッセージ/ネガティブワード/ホールディングコメント/ポジションペーパー
4 演習2 ・検討事項
情報公開に必要な参考資料確認/関連法規(抵触リスク)/第2報を受けてのリスク評価/メディア対応方針決定(会見)/公開後のリアクション想定と準備/メディア対応(会見)準備事項/ステークホルダー別対応

・演習(制作)
ポジションペーパー(追加)
ニュースリリース(ニュースリリースWEB用/行政他報告文書)
記者会見用資料(ステートメント/Q&A/記者会見案内状、メディアリスト/メディア提供参考資料)
5 電話対応シミュレーション(記者会見実施未定を想定) 電話対応シミュレーション(2チームより各1名が電話対応)
6 各チームから報告(プレゼンテーション) 講師 講評(レビュー)