PRとは

  • HOME
  • PRとは
  • PRは人々との信頼関係を築く活動

PRは人々との信頼関係を築く活動

PR会社が行う特長的な活動に「パブリシティ」の獲得があります。 パブリシティは、マスメディアなどを中心に、ニュースの素となる情報やデータを渡し、記事として掲載してもらうこと、テレビで報道してもらうことです。

メディアを通して、社会の人々へ情報を伝達することにより、客観的な良い情報を広めるので、企業や組織・団体への好感度を高め、深い理解と信頼を築き上げることが大きなポイントです。これは、第三者の情報による信ぴょう性(ウィンザー効果)に基づいています。このため、自ら発するオウンドメディアであっても、情報価値ならびに客観性ある発信が求められて言います。
また、PR(パブリシティ)ではニュース価値のある情報提供が重要になり、話題性が強い内容だったときに、情報が拡散されやすいこともポイントの一つです。
メディアが求める情報でないと、いくら情報を渡しても記事化や放送されることがありません。そのため、メディアが関心を持つ情報への調整や、人々との信頼関係を築く情報戦略を設計することがPR会社の役割の一つです。

PR会社では、企業や団体が事件や事故に巻き込まれた際、もしくは不祥事を起こしてしまった際に、人々との関係性を築くことダメージを最小限に留めるための危機管理広報コンサルティング、及び、謝罪会見などのアドバイスを行います。

●PRとは

●PRの根幹:メディアリレーションズとは

●PR会社の市場推移

●PRは人々との信頼関係を築く活動

●全国の記者クラブに投げ込み